効率よくハチ退治を行なうにはしっかりとした知識を備えよう

女の人
作業員

設置型のグッズがオススメ

設置型のアリ駆除グッズを使用すれば、簡単にアリを駆除することができます。置くだけなので誰でも簡単に扱えます。持続性があるので、大量のアリが沸いてしまっても一匹残らず駆除できる可能性があり、とても人気です。

ダニ

効率良くダニの駆除をする

ダニ駆除を効果的に行うには、殺虫剤の形状をその都度変える必要があります。部屋全体のダニの駆除をしたい場合には、煙状の殺虫剤が効果的です。その他には、エアゾール系のものや粉状のもの、そしてスプレー状のものなどがあります。

完全に駆除するために

蟻

ハチ110番

ハチ退治はとても危険です。プロに任せることで、安全に害虫を駆除することができるでしょう。

後始末は数時間後に

殺虫剤によるハチ退治は、飛んでいる蜂ではなく蜂の巣をターゲットとしておこなう必要があります。飛んでいる蜂を殺虫剤で退治しても、巣では産卵により新しい蜂がどんどん誕生してきます。つまりいたちごっこになるということですから、しっかりと退治するためには、産卵する女王蜂のいる蜂の巣を狙うことが大事なのです。蜂の巣に殺虫剤を吹きつけると、それだけでその場の蜂は力を失い、巣から打って出てくることはなくなります。ただし飛ぶほどの元気がなくなっているだけで、完全に死んでいるとは限りません。そのため蜂の巣を処分するつもりで触れると、刺されることがあります。したがって殺虫剤の使用後は、数時間ほど放置してから後始末を開始することが肝心です。

生き残りを確認

殺虫剤には、蜂の体内での神経伝達を狂わせる成分が配合されています。そのため殺虫剤を使用すると、蜂は羽や足をうまく動かすことができなくなり、その分好戦的ではなくなるのです。そして数時間放置することで、蜂の体内では、羽や手足だけでなく内臓の働きも悪くなります。これにより生命が失われるので、その後は蜂の巣を安全に処分できるようになります。ただし蜂の巣は、内部が複雑な構造となっているため、殺虫剤が奥にまで浸透しないこともあります。そのため蜂の巣の処分は、まずは棒などで刺しながらある程度分解し、生きた蜂が残っていないかどうかを確認しながらおこなう必要があります。生きた蜂がいた場合には、再度殺虫剤を吹きつけて、ハチ退治してから巣を改めて処分します。また、専門業者に駆除を依頼することもできます。駆除そのものは短時間で終わるため、即日対応してくれる業者であれば、すぐに蜂の脅威から解放されるでしょう。

ハチ

習性を知り対策を

アシナガバチは、春先のおとなしい時期は攻撃性がありません。そのため、この時期を狙って駆除をすると最適です。巣が小さいうちに業者に依頼をして、安全に駆除してもらいましょう。

Copyright © 2017 効率よくハチ退治を行なうにはしっかりとした知識を備えよう All Rights Reserved.